第47回定期総会を、福岡・アークホテルロイヤル福岡天神にて開催

2019年09月18日

紙加労協第47回定期総会を、2019年9月14日(土)にアークホテルロイヤル福岡天神にて開催しました。議長団にはトーモク労組の本石忠司氏と日之出紙器工業労組の紺屋隆馬氏が選出され、2019年度一般活動経過報告、同会計決算報告、同会計監査報告が行われ、引き続き2020年度運動方針(案)と同会計予算(案)が提案され、原案通りに承認されました。来賓として、日本紙パルプ紙加工産業労働組合連合会(紙パ連合)からは橋本中央執行委員長、全国段ボール工業組合連合会(全段連)からは端山専務理事、(公財)日本生産性本部社会政策部からは加藤主席調査役にご臨席いただき、皆様よりご祝辞を賜りました。本部役員の改選では、長きにわたり本部役員を務めた陣内議長が退任し、大串副議長が議長、仁村会計監査が事務局次長に就任し、新たに石田副議長、隂山事務局次長、小島会計監査が就任しました。

第47回定期総会を、福岡・アークホテルロイヤル福岡天神にて開催