各組織の自主性を充分尊重しながら、強い友愛と連帯をもって「生産性運動」をバックボ-ンに、紙加工産業で働く者の社会的、経済的地位の向上を求め、幅広い活動を展開しています。

構成組織労使の意見交換・情報交換の場として、紙加労協労使会議を開催し、紙加労協の運営方針や経営からのアドバイスを交え、労使の課題や産業政策活動について話合い民主的な労使関係による活動を展開しています。
魅力のある・豊かな産業を目指し、業界団体、紙加労協構成組織の労使が集まり、段ボ-ル産業界の動向や課題、産業台での労使の取り組みなどをテ-マに情報交換を年に1回開催しています。
  • 紙加労協の運営方針や産業政策TEIGENの取り組み課題
  • 産業台労使の課題
    「労働条件の改善・労働時間の短縮・安全衛生活動・60歳以降の雇用と定年延長」などについて
  • 段ボ-ル産業界の動向や諸法改正への対応について