各組織の自主性を充分尊重しながら、強い友愛と連帯をもって「生産性運動」をバックボ-ンに、紙加工産業で働く者の社会的、経済的地位の向上を求め、幅広い活動を展開しています。

紙加工産業発展のためには、労使の情報共有や合意形成をはかることが重要であると認識し、紙加労協加盟労使のみにとどまらず、労働組合の有無・所属上部団体に関係なく参加を呼びかけ、「板紙・段ボ-ル産業労使幹部セミナ-」や「紙加工産業委員長懇談会」を開催しています。
▲第5回板紙・段ボール産業労使幹部セミナー
▲第30回労使会議